« もうすぐ | トップページ | »

2012年4月20日 (金)

浦霞 希望の夜明け

先日、宮城県塩釜の「浦霞」醸造元の佐浦さんが

ご来店されました。

震災当時のお話を聞かせていただき

また、改めて地震、津波の怖さを知りました。

 

 

「復興元年」と明記されている

本格焼酎が入荷いたしました。

 

「浦霞 希望の夜明け 25% 720ml」 1,890円(税込)

在庫が無くなり次第、終了となります。

 

017

 

蔵元様コメントより・・・

東日本大震災で、蔵元の建物や設備などは甚大な被害を受けました。

当時仕込み蔵の中では数多くの醪が発酵しており、その大多数はライフラインが停止した厳しい環境のなかで為すすべもなく、時間の経過とともに醪の発酵は進み、浦霞本来の日本酒の品質とは異なるものになっていくばかりでした。

しかしながら「被災した醪たちを何とか活かしたい」という蔵の皆さんの想いが通じて、特例措置として粕取り焼酎の製造免許を持っている被災蔵元が、醪から清酒を製成することが困難な場合、その醪を単式蒸留焼酎の原料として利用することが認められました。

このような過程を経て誕生したこの商品は、表示上の原料は「酒粕」となっていますが、被災醪を蒸留した特別な本格焼酎です。

「再生」へ願いの結実、そして震災を乗り越え明日に向けて前進する『浦霞』の証でもあります。復興に向けて長い道のりを歩み始めた被災地に思いを馳せていただきながら、皆様に穏やかな香りと柔らかい味わいをご賞味いただけましたら幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« もうすぐ | トップページ | »

sake」カテゴリの記事